エンタメ

U-NEXT 彼女の私生活第12話のあらすじは?まさかのすれ違い発生か!?

テレビ放送とU-NEXTで第○話にズレが生じます。この記事はU-NEXTでの第○話となります。

ご了承ください。

第11話ではドクミがライアンに妄想上キスをしていたりと、完全にライアンを好きになってしまっていました。

対するライアンはいまだ偽装恋愛の気持ちだが、少しづつ気になり始めていると思います。

あわせて読みたい
U-NEXT彼女の私生活第11話のあらすじは?ドクミとライアンついにキスか!

第12話ではそんな2人が本当の恋愛に向けて突き進みながらも、とあることですれ違いを起こしてしまいます。

いったい今度は何があったのでしょうか?

それでは見ていきましょう〜!

彼女の私生活 第12話のあらすじ

第12話 〜矢印はお互いに〜

シアンのビジュアルディレクターが消えたことにより今回の展示会には参加できないと言い出すシアン。

そこでライアンがチェ・ダインの名前を出す。

チェ・ダインがディレクターになれば展示会には参加できることになったので、連絡してみるライアン。

その隣で不満そうなドクミ。

ドクミが母親と夕食を食べるというので実家まで送ると、そこにウンギがきてライアンと話すことに。

ウンギはいつまで偽装恋愛を続けるのか?と問い詰めた。

そしてウンギは家に帰り家族でご飯を食べていた。

ドクミが焼いていた肉を横取りしたりとからかうウンギにドクミが怒る。

そのやり取りを見てお母さんが怒って食事は中止に。

「私ならいい嫁でしょ?」と言った後、お父さんに「ねえ、お父さん?」と言った時のドクミの表情が可愛すぎます。

その夜、ライアンはドクミのことを思い出し、少しニヤけて幸せそう。

そして翌日2人はチェ・ダインのアトリエへ。シアンのディレクターになってくれとお願いをすることに。

チェ・ダインとライアンの2人の仲よさそうなやり取りを見させられて不満そうなドクミ。

そして家具を板から直接作るチェ・ダインに付き合わされたドクミとライアン。

不満そうだが、実際に作業すると共同作業で楽しそうな2人。もはやカップルです。

ウンギもドクミのことが気になり、ドクミに電話をすることに。

ライアンもいると聞いてすぐにドクミのところに行くウンギ。

ドクミをめぐりウンギとライアンのライバル関係が明らかに。

その後のレストランでもウンギはドクミの彼氏のような振る舞いをし、ライアンにプレッシャーをかける。

それを見ていたチェ・ダインがウンギに対して、彼氏じゃないのに馴れ馴れしいと注意。

するとウンギは2人は偽装恋愛で付き合っていないことを話してしまった。

翌日ライアンはウンギのお母さんの雑誌インタビューを受けていた。

ドクミはチェ・ダインのお手伝いに。

どこでチェ・ダインはライアンと仕事がしたいから、シアンのディレクターの仕事を受けることにしたとドクミに話す。

続けて「ライアンは偽装恋愛をやめたいって言ってた」と伝えた。

ドクミは涙目になりながらアトリエを後にする。

ライアンは自分の気持ちに気づいたようだった。ウンギとドクミを見て嫉妬している自分の気持ちに。

その夜ライアンは花を買ってドクミを呼び出した。

そこでドクミは「助けてくれてありがとう」「偽装恋愛は終わりにしよう」とライアンに伝え、帰ろうとする。

ライアンはすぐにドクミの手を掴み止めるが、泣いているドクミの顔を見て、引き止めることができなかった。

彼女の私生活 第12話の口コミ

彼女の私生活 第12話の胸キュンポイント

 

彼女の私生活 第12話を観た感想

第12話はライアンとドクミ2人の気持ちが同じになり、本当の恋愛に発展するのも時間の問題と思われたが、言葉の解釈の違いによりすれ違いを起こしてしまいました。

個人的に印象に残っているのは、途中ライアンが前もってレストランを予約してドクミを誘ったが、

母親とご飯を食べると言われ、ドクミに気づかれずにキャンセルの電話を入れているところです。

細かいところですが、こういう小さな気遣いができる人は魅力的ですよねー!

あとは最後のすれ違いのシーン。

観ているこちらからすればお互い同じ気持ちっていうことを知っているからとても悲しいというか悔しい気持ちになりました。

恋愛ってタイミングだなぁとつくづく感じました。

-エンタメ